男性の薄毛の原因

薄毛になる4大原因は「男性ホルモン」「遺伝」「ストレス」「食事・生活習慣」といわれてます。

男性の薄毛の原因の多くは「男性ホルモン」「遺伝」、男女ともに薄毛の原因になるのが「ストレス」「食事・生活習慣」です。

ストレスで抜け毛が増えたのをそのままにしておくというのが、薄毛の進行を早めてしまいます。

抜けた分だけ増えていれば、髪の量は変わりませんが、抜け毛が多くなって一時的に髪のボリュームが減ったときに頭皮の状態を悪くさせてしまうので、薄毛の進行をストップできなくなってしまうのです。

頭皮の状態は一定ではありません、汚れれば皮脂が毛穴に詰まったり、髪の量が減れば紫外線の影響を頭皮がうけます。

皮脂は天然のクリームといわれ、頭皮にかぎらず必要なものです、皮脂が刺激やホコリ、病原菌、カビ菌などから肌を守っているからです。

しかし、皮脂が汚れてしまうと、今度は逆に皮脂の汚れが肌への刺激となりますので、清潔にしておく必要があるのです。

つまり、髪の汚れを落とし、皮脂で汚れた頭皮を綺麗にするシャンプーはとても重要です。

汚れた皮脂に覆われた頭皮は髪の大敵と考えても間違いではありません。

そういった、状態が長く続くと髪に元気がなくなり、髪が太くならず細いまま伸びるようになったり、細く短いうちに抜けるようになって薄毛が進行してしまうのです。

しかし逆に【薄毛について:http://www.jadore-vanessa-hudgens.com/】では洗いすぎも良くないと書かれてあります。

適切に正しくシャンプーをする、皮脂を適度に取り除くと言う事が重要といえるでしょう。

髪を守るためには生活リズムを一定にして、清潔な状態を保つということから始めましょう。